表示切替: PC | スマートフォン
商品・お取引に関するお問い合わせは
0480-62-0003   0480-62-6556
  1. トップページ>
  2. かぞの地酒造り>
  3. 2017年の記事

おおとね市民まつり -#030-

11月11日、大利根運動公園自由広場において、「第7回 童謡のふる里おおとね市民まつり」が開催されました。

天候に恵まれ、農産物の即売やいろいろな催しが行われるなか、大利根酒販組合が “ひやおろし 加須の舞” を販売し、たくさんの方にご購入頂きました。

また「酒米生産者協議会」も、手打ちうどんの販売をしながら、 “加須の舞” を試飲サービスとして振舞っておりました。

メンバーの地道な活動により、益々 “加須の舞” の知名度アップに寄与することができたと思います。

どんとこい! かぞフェア -#029-

10月5・6日、加須市観光物産展「どんとこい! かぞフェア 2017」が日本橋プラザビルにおいて開催され、加須市の名物や農産物などを販売し観光PRが行われました。

加須酒販組合は “加須の舞” の試飲・即売コーナーを出店して、加須市のゆるキャラ「こいのぼりん」と共に、埼玉・加須の地酒をPRしました。

酒米の収穫真っ盛り! -#028-

10月2日、「酒米生産者協議会」篠塚会長の田んぼにて、「地酒協議会」小森会長はじめ加須市産業雇用課の福田さん・松岡さん、農業振興課の柿沼さんらが見守るなか、メンバーの松本さん・小山さん・今成さんが手伝って「五百万石」の刈入れが行われました。

今年の酒米は、夏場の悪天候にもかかわらず、まずまずの出来映えで収穫できそうです。

加須市の酒米と地酒協議会 第4期総会 -#027-

6月8日、パストラルかぞにおいて、大橋市長・真中商工会会長・小川酒類業調整官を迎え、「加須市の酒米と地酒協議会」の第4期総会が開催されました。

今年度の販売目標を合計5,000本とし、「山田錦」を使ったより旨い “加須の舞” を確立すべくブランド強化に取り組んでまいります。
また平成29年度の役員は、下記会員名簿のとおり改選となりました。

酒米の田植え始まる! -#026-

5月16日、今年もいよいよ4期目となる酒米の田植えが始まりました。

今年は「さけ武蔵」に替わり「山田錦」の本格栽培となり、酒米生産者協議会会長の篠塚敏男さんとメンバーの今成広位さんの田んぼから田植えが始まりました。

山田錦」は生育期間が長くかかるため、例年よりも早く田植えを行い、遅く収穫されることとなります。

より旨い “加須の舞” を目指しますとともに、加須産酒米の販売にも力を入れてゆきます。

「かぞブランド」認定! -#025-

去る2月21日加須市役所において、加須の名品54社が応募し「平成29年度 かぞブランド認定品」の審査を受けました。

加須の舞” も審査を受け認定待ちとなっておりましたが、3月23日「市民の日」にパストラルかぞにて、大橋市長から「地酒協議会」大竹会長に「認定証」が授与されました。

酒米生産者協議会 第4回総会 -#024-

2月24日、大利根細間多目的センターにおいて、「加須市酒米生産者協議会」の第4回総会が開催されました。

大橋市長・埼玉県加須農林振興センター所長ならびに釜屋 小森社長ら出席のもと、“加須の舞” および酒蔵提供用「五百万石」の作付け、さらに「さけ武蔵」に替わる「山田錦」の兵庫県産種米仕入れについて話し合われました。