表示切替: PC | スマートフォン
商品・お取引に関するお問い合わせは
0480-62-0003   0480-62-6556
  1. トップページ>
  2. かぞの地酒造り>
  3. 2018年の記事

加須の舞の新酒発売 -#025-

「釜屋」において11月から “加須の舞” の仕込みが始まり、新酒の“無ろ過生原酒 純米吟醸 加須の舞” が12月17日発売になります。

平成30年度加須産「五百万石」で仕込んだ搾りたての新酒を何も処理しない “無ろ過生原酒” で数量限定販売します。

山田錦」で仕込む “純米大吟醸” は来年4月以降に発売予定です。

山田錦の収穫 -#024-

10月29日、大利根地区の「酒米生産者協議会」メンバーにより、「山田錦」の稲刈りが行われました。

山田錦」は穂のタッパが高いため倒れやすく栽培が難しいのですが、3期目となる今年は、大きな台風が多かったにも拘らず、生産者の努力によって1本も倒れることなく成長し、大きな粒の酒米を収穫することができました。

みどり市酒米視察団 -#023-

8月17日、群馬県みどり市産業観光部農林課主催による酒米視察団総勢10名が、「酒米生産協議会」および「地酒協議会」の発足・運営の仕方を勉強するため、加須市役所を来訪されました。

大橋市長から説明を受けたあと、栽培中の「山田錦・五百万石」の田んぼや釜屋を視察し、熱心に酒米の栽培方法や商品化のレクチャーを受けていました。

酒米生育状況検討会 -#022-

7月20日、松永新田集会所に滝澤酒造・釜屋社長を来賓として招き、酒米の生育状況検討会が開かれました。

各生産者が稲を持参して、埼玉県加須農林振興センターの福田指導官から出穂期の確定の仕方やその後の肥料の量と与え方などをご指導いただき、現地を回って生育状態を確認しました。

五百万石の田植え始まる -#021-

5月28日、大利根地区において「五百万石」の田植えが行われました。

今年度は生産者が11名となり、「五百万石 480袋・山田錦 300袋・さけ武蔵 120袋(1袋=30kg)」と大幅増産を目指します。

五百万石」使用の “純米吟醸” を仕込み樽1本仕込み、「山田錦」を農林水産省の埼玉県産地銘柄に設定申請した上で、これを使った “純米大吟醸” の新商品を仕込みます。

東京スカイツリータウン・こいのぼりフェスティバル -#020-

東京スカイツリータウンと加須市のコラボによる「東京スカイツリータウン・こいのぼりフェスティバル」が開催され、4月28・29日は加須市の特産品が展示販売されました。

「地酒協議会」のメンバーも “加須の舞” の試飲即売会に参加し、加須市の特産品のPRに協力しました。

東京スカイツリーは外国人観光客も多く、日本の地酒は大変好評でした。