表示切替: PC | スマートフォン
商品・お取引に関するお問い合わせは
0480-62-0003   0480-62-6556
  1. Home>
  2. かぞの地酒造り>
  3. 加須の舞ができるまで

酒造工程

日本酒のできるまで

洗米・浸漬(しんし)

酒蔵「釜屋」松沼杜氏のもと、まず最初は事前準備の洗米・浸漬の作業から。

洗米1
洗米2
洗米3

浸漬は、米の吸水量が日本酒の品質に大きな影響を及ぼすため、時間を計りながら吸水させます。

浸漬

蒸米

蒸した米は、麹造りのほか、酒母・もろみの仕込に使います。

蒸米1
蒸米2
蒸米3

麹造り

1日目; 麹室で蒸米に麹を種付けし、1昼夜寝かせます。

種付け
麹室

2日目; 蒸米をほぐし、麹蓋に盛り付けます。

麹造り3
麹造り4

3日目; 米麹のできあがりです。

麹造り5

酒母造り(もとづくり)

仕込水に麹・酵母・蒸米を加え、温度管理のもと、もろみの発酵を促す酵母を増殖させます。

酒母造り

もろみ造り

酒母をもろみタンクに移し、麹・蒸米・水を加えます。
その後、仲仕込(3日目)・留仕込(4日目)を行います。

もろみ造り

もろみの発酵

もろみは、20~30日かけて発酵させます。

もろみの発酵1
もろみの発酵2

18日目; 糖化・発酵が進み、表面が静かになってきます。

もろみの発酵3

搾り

新酒の搾りと搾った後にできた酒粕です。この後、ろ過・火入などの工程を経て熟成させ完成です。

搾り
酒粕